藤井農園 藤井 達弘 新潟県聖籠町三賀

藤井農園01

ボカシ肥料を中心に独自の肥料をブレンドし、減農薬・減化学肥料に努めている。その自慢の野菜は学校給食や首都圏からの注文も多い。新新バイパス国道7号線の聖籠インターを下車してすぐに直売所があります。野菜の他にもさくらんぼやいちじくなどの果樹も栽培しています。

  • 藤井農園02
  • 藤井農園03

生産者さんおすすめの野菜

トマト 桃太郎

トマト 桃太郎

藤井さんは初夏〜秋までハウスでのトマト栽培をしています。できるだけ節水をして糖度の高いトマトを栽培しています。本来、夏の暑い時期には多くの水を必要とするので本当のトマトが美味しい旬は5月〜6月と言われます。でもやはり、夏野菜としてのイメージが強い野菜。節水により小ぶりで収量は少なくなりますが、美味しいトマトにするために努力しています。
コリンキー

コリンキー

生食できるサラダカボチャとして品種改良して誕生した野菜。コリコリという食感が命名の由来ともなったコリンキーは、サラダやピクルス等に最適。お店ではナポリタン風スパゲティの具材として他の夏野菜と一緒に炒めたり、オーブンでグリルしてサラダの温野菜として提供しています。きれいなレモン、やまぶき色がお料理に映えます。、まだ新しく珍しい野菜なので、お客様からも『これなあに?』と興味をもっていただいています。

素材を使ったお料理

トマト 桃太郎

契約農園産新潟野菜10種のナポリタン風スパゲティ

契約農園産新潟野菜10種のナポリタン風スパゲティ(7月中旬~8月)トマト・玉葱・ズッキーニ・コリンキー・インゲン豆・パプリカ赤・パプリカ黄・しめじ・かぼちゃ・にんにく、パセリ等の野菜たっぷりのパスタは1皿でなんと1日に必要な野菜350gを丸ごと摂取できてしまう優れものです。完熟したトマトを約1.5個使用し、とろける果肉とパスタが良く絡み歯ごたえある夏野菜と一緒にいただくまさに『野菜が主役』のパスタです。
コリンキー

藤井農園産里芋と涌井農園産やわ肌ねぎの米粉タリアッテーレ

藤井農園産里芋と涌井農園産やわ肌ねぎの米粉タリアッテーレ(11月~3月)出汁を含ませたやわらかな里芋とオーブンでホイル焼きした甘いねぎがチーズソースに良く合い米粉の平打ちパスタに良く絡み、和と洋の新たな組合せが完成しました。

藤井農園産ねばり芋と焼きたらこの和風お出汁スパゲティ

藤井農園産ねばり芋と焼きたらこの和風お出汁スパゲティ(12月~3月)長芋をすりおろしたとろろに出汁を加えて加熱すると、ホワイトソースのようなとろみのあるさっぱりした和風ソースができあがる。無着色の焼きたらこが春の色を表現してくれる。

契約農園産夏野菜たっぷりの米粉ピッツァ

契約農園産夏野菜たっぷりの米粉ピッツァ(7月~8月)薄くスライスしたズッキーニ、玉ねぎやインゲン豆やパプリカ、トマトとまるでサラダのような野菜が主役のピッツァです。米粉のクリスピーな生地は野菜の食感を際立たせてくれる。
(新潟駅店は一部異なる)
ご予約・お問合せはこちら